車屋さんの保険情報ブログ
TOP PAGE > ブログTOP >

分割払い(月払い)とローンを比較!どちらがお得?

 え〜 クルマを所有してクルマに乗られていると〜 ほとんどの方が「自動車保険」への加入を意識されていると思いますが、

 特に! これから初めてクルマを買うーー! という方には、かなり気を付けておいて頂きたい事があります。 それは〜

 間違っても! 車両購入代金の自動車ローン(オートローン)へ、保険料を一緒に組み込まない事!!!

 です。(同じ分割にするのであれば、せめて自動車保険会社の分割払い(月払い)に・・・ と)

 まあ・・・ 12回の1年払いくらいのローンであればほとんど気にする必要はないかもしれませんが、ただ24回とか36回とかのやや長期化してしまうローンの場合には、かなり気をつけておかれることをオススメします。

何で?

 何故なら!

 自動車ローンへその保険料も一緒にしてしまうと、事実上、初回契約分のわずか1年分が長期分割化することとなり〜

 1年後からは、2年目の保険料を支払いつつ〜 でもまだ実質的に1年目の保険料の支払いは終わっていない・・・ なんて、なんとも意味不明な状態になるばかりではなく、

 金利手数料の面から見ても、ごく普通に〜 その自動車保険会社の分割払いを利用しておいた方が全然お得だった・・・ という事も。

理論

 保険会社の分割払い(月払い。以下月払いに統一) をご利用される場合には、基本的に11〜12回払いの1年完済となるわけですが、

 だいたい・・・ この時の月払い手数料は5%割増ほど。(月払いにすることによる付加手数料。一年分を一括払いした場合と比べ、手数料が5%ほど上乗せされる計算)

 但し、手数料は各保険会社によって異なります。

 ちなみにこの手数料を、クルマのローン等の金利 「実質年率」へ置き換えると〜 (12回払いで比較)

 約9.1%

 う〜ん・・・ 安くもなく高くもなく〜 といった微妙な手数料ではありますが、(例えば15万円の保険料(年払い)だと、月払いにすることにより〜 支払い総額は157,500円に)

 という事は? クルマを12回払いローンで支払う場合に限っては、かつそのお店の実質年率もこれ以下だと〜 逆にローンへ組み込んでしまった方がお得ですね ^^; 但し! そのお店によっては〜 実質年率でなく ”アドオン率” でそれら金利を表現されてしまう場合もありますので、その辺りには予め十分ご留意願います。 【⇒ 実質年率とアドオン率について (金利を正しく理解しよう)

 対しもし! 36回払いの自動車ローンへ、この15万円の保険料を組み込んでしまった場合には・・・

 例えその自動車ローンの金利が8%(実質年率)だとしても、その保険料に対する金利手数料は約19,200円となり、

 結果的に保険料の支払い総額は169,200円ということに。

 おぉ・・・ 保険の月払いだと手数料は5%割増で済んでいたのに、ローンに組み込んでしまったことで実質約12.8%割増で支払っていることに・・・(ちなみに同条件で60回払いだと約21.6%の割増にも。。)

 しかも! 先述のように、13回目以降の支払い時には、それと同時に2年目の継続時の保険料の支払いが始まっちゃいますので、

 1年目はまだしも、2年目からは月の支払いも実質ボリュームアップ。

 う・・・

 なお、それら以外のパターンや環境下などにおきましては、その取扱いのローン会社へ直接たずねるなどすれば、支払い回数とか金利などから〜 特定の金額に対するのみの分割手数料だけを教えてくれたりもしますので、その算出してもらった手数料と 保険会社の月払い手数料との差額などを比較してみてはいかがでしょうか? (← 但しこの場合、13回以上の支払い回数と比べる場合には、その実質年率との比較ではなく、あくまで分割(月払)手数料同士での比較をされますようにご留意ください(実質年率は同じでも、分割期間が異なれば〜 分割期間の長い方が多く金利手数料が加算されますので)

 場合によっては〜 非常に低金利な自動車ローンであるため、1年以上の支払い回数でも、そちらローンへの組み込みの方が有利・・・ なんて事もあるかもしれませんので。

車屋さんは教えてくれない

 ところでこういった事実、知ってか知らないでか〜 クルマ屋さん(営業マン)から直々に教わる事は少ないようです。(車屋さんは教えてくれない)

 何故なら〜

 ローンに組み込んだ方が車屋さんにとって利益が上がるからです。

 ローンに組み込んだ方が、営業マンのお給料が上がるからです。

 ローン契約を取ると、一般的に信販会社から車屋さんへバックマージン(ローンキックバック)が支払われます。(⇒ ローンキックバックとは?) ちなみにこのマージンはより多くの額を組めば組むほど多く支払われますから、、 当然! 保険も一緒に組み込めばより高い利益が上がる事に。 また同時に、営業マンの利益実績も上がりますので、、 営業マンのお給料も連動して上がることに。。

 ※ 但し、営業マンのお給料に関しましては、あくまで ”歩合給” である事が前提になるでしょう。(その他、細かい給料体制によっても左右されるかもしれませんが)

 また保険も保険で、

 月払いにするよりも〜 年払い(一括払い)にする方が、車屋さんにとって利益が上がるからです。

 月払いにするよりも〜 年払いにする方が、営業マンにとってもお給料が上がるからです。

 これは保険会社によりけりかもしれませんが、一般的には、月払いよりも年払い契約の方が より多く代理店手数料が入ってくる仕組みになっております。 つまりローンに組み込み年払いにすることで〜 車屋さんはより多く儲かることに。。 またその儲かった分、これも同時に連携して営業マンの利益実績も上がりますので。。。 まあ後は皆様のご想像にお任せすることにしましょうか。

 ※ 但し、こちらも〜 営業マンのお給料に関しましては、あくまで ”歩合給” である事が前提になるでしょう。(その他、細かい給料体制によっても左右されるかもしれませんが)

 とまあこんな感じで、

 こちらはちょっとした裏話としてまでに ^^;

最終更新日 2011年05月29日

(C) 自動車保険・任意保険の徹底比較