車屋さんの保険情報ブログ
TOP PAGE > ブログTOP >

保険金。 修理しなくても問題ない? もらえるの?

 事故を起こし、イザ車両保険を使おう、、 と思った時、(オカマ等もらい事故を起こし、相手の保険屋さんへ修理代を請求する場合なども含む)

 そのこれからもらえるであろう保険金は、実際にそのクルマを修理(鈑金修理)しなくても貰えるものなの? また貰っても問題ない??

基本的には何ら問題ありません

 保険金というものは、そもそも〜 損害充当に充てる補償金。

 なのでその貰えるお金は、修理に使おうが 新しいクルマの買い替え頭金に使おうが ローン返済に充てようが、貯金しようが、、 もらう側の勝手。 何に使っても問題はありません。

但し!

 但し、

 修理前提で加算されるような保険金や、

 修理代が時価等を超える場合等で、あえて修理を望むことによって加算可能な補償など。

 また修繕見積り過程において、

 こちらが無理強いさせたような保険金につきましては、

 保険会社側の見解で塗装修理(見積り概算)となっている箇所を、修理では納得できないから新品交換してくれ! 等と、こちらの意見を強引に押し通すように請求した案件部位など。

 それら辺りにつきましては、

 それら修理などが前提になってしまいますため、

 そこら辺りまでは認められることはないでしょう。

 こういった場合には、その条件となった部分は必ず守る必要あり。(ちなみにそれら案件部位は、本当にそのように修繕されているかどうか等 後から事細かくチェックされますし、また守られていないことが発覚した場合には、相当保険金の返還要求があったり、場合によっては詐収としてしかるべき手段を取られる事もあるでしょう)

 ご注意ください。

補足

 車屋さんや板金修理工場などへクルマを預け、

 やっぱり修理しない-- となった場合には、

 場合によっては ”見積り料” を請求されるケースは御座います。

 保険金請求時には、一般的には 保険会社側のアジャスターという方が概算見積もりなどを出すのですが、アジャスター概算と自社概算を比較し、修理等の際取りっぱぐれのないよう 修理工場側も個別に概算見積もりを作成する場合は多く、しかし一転して直さない〜 となってしまった場合には、この見積り作業が無駄になってしまうので、工場やケースバイで見積り手数料の請求が発生する事も。。

 一応補足までにお含みおきくださいね。

最終更新日 2017年11月13日

(C) 自動車保険・任意保険の徹底比較