車屋さんの保険情報サイト
TOP PAGE > 用語大辞典 >

過失割合

 事故時における、当事者間での責任の割合の事。

決め方、決まり方

 責任の割合は、主に道路交通法等による優先関係や当たった位置をもとに決定されるのが一般的。 また動いていたかどうかで判定される箇所も。(停止車は有利。というか過失が限りなくゼロに近くなる)

 ちなみに示談にあたっては、保険会社は予め過去の判例・事例や見解マニュアルに沿って判定するのが一般的。 なので第三者的にはなかなかその内情までの把握は。。

 但し、ここまではあくまでマニュアル的なものであって、(いわゆる暫定的なもの。また参考割合とも)

 そこから先は〜

 当事者間同士での話し合いの末、(示談) 合意点が正式な過失割合として成り立つことになりますので、(つまり過去近事例が 50:50 の事故だとしても、双方の合意点が 100:0 ならそれが最終的な過失割合になるというワケ

 まあ言うなれば ある意味示談次第とも。。

 もし話し合いが折り合わなければ?
 ⇒ いつまでたっても過失割合が決まりませんので、イコール = 示談が完結しないというわけで、、 もちろん、一部の先払い可能なものを除いては保険金の支払いの一切も行われません。 それでもどうしても納得いかない場合には 後は係争という手段しか残らないでしょう。
 ちなみに事故当時、警察を呼んで事故処理(事故証明申請のための届出処理)をしてもらいますが、この時、警察官はあくまで届出手続きをするだけであって〜 双方の過失割合などまでに対し言及は一切行われません。 決定はあくまで保険会社による資料や過去判例、そして当事者間での合意点から決まります。 一応念のため補足としてまでに。。

(C) 自動車保険・任意保険の徹底比較