自動車保険・任意保険の徹底比較 (見積り・割引特約など)
 保険の補償額が
      足りない

 
 HOME > もし、補償額が不足したら・・・
     

もし、補償額が不足したら・・・



 対人賠償対物賠償には、支払い保険金の補償限度額がありますよね〜。
 (いわゆる補償の契約金額の事)

 最近になってようやく、補償限度額を 「無制限」で契約するのが一般的になってはきまし
 たが、それでもまだまだ、保険料を抑えるために、3,000万円とか5,000万円とか補償限
 度額を設定される方がいらっしゃるようです。

 そこで! もし!

 補償限度額(契約金額)を超えてしまうような事故を起こしてしまった場合には、
 一体どうなってしまうのでしょうか・・・


 例えば・・・、
 対物賠償の補償限度額を 1,000万円で契約されている方が、事故によって、重要な公
 共物に1,500万円超の損害を与えてしまった場合、

 保険金による賠償金の支払いは、補償限度額の 1,000万円までしか支払われません。

 まあこれは、当然の事ですよね〜 ^^

 しかし!

 補償限度額を超えてしまった場合の事故は、
 もっともっと面倒な事が待ち受けています。

 それは・・・

 保険会社は、補償の限度額である契約金額の 1,000万円だけ支払い、
 今後の示談交渉等は一切行ってくれなくなります


 つまり・・・

 1,000万円の保険金を受取った後は、
 今後における示談交渉などの全てを、自分単独の力で解決しなければいけなくなるの
 です。

 こ、これは、本当にかなり面倒ですよ〜!

 今まで、事故対応の全てを、保険会社に完全任せっきりだったのが、
 突然、全ての対応から保険会社が手を引き、今後必要な示談交渉等は、全て自分ひと
 りの力でなんとかしなければならなくなるのです。

 面倒ですよね〜 ^^

 このような事故の場合、保険会社による責任遂行は、1,000万円の限度額までの支払い
 であって、
 それを超える損害が発生した場合には、保険会社は示談交渉に介入出来ない事となっ
 ていますので、当然の事なんですけどね・・・ ^^
 (※ 示談交渉は、補償限度額内の事故しか対応出来ません)

 なので、

 対人賠償や対物賠償の保険に補償限度額を設定されている方は!

 要注意ですよーーー \(^o^)ノ

 対人賠償や対物賠償は、
 是非とも 「無制限」で契約される事をオススメしますよ〜 ^^
 (※ 補償限度額(契約金額)を無制限にしておけば、事故による賠償金がいくら必要
     であっても、保険金も示談交渉も上限なく対応してくれます
ので・・・)

 もし、万が一の時のための保険ですから、
 もし、万が一の時に役立たなければ、何の意味もありませんからね〜 ^^

 あ、ちなみに、私は保険屋の回し者ではありませんので・・・ ^^



           (自動車保険・任意保険の徹底比較)HOMEへ戻る

      
Copyright(c) 自動車保険・任意保険の徹底比較 All Rights Reserved.