中断証明書
自動車保険・任意保険の徹底比較 (見積り・割引特約など)
 HOME > 自動車保険用語 大辞典 > 中断証明書


中断証明書


     自動車保険を解約する場合に、申し出によって発行される証明書。

     この証明書には・・・、
     自動車保険を解約した時点での 「割引等級」が記載されており、
     解約後、一定期間の間に自動車保険を再契約(新規契約)される場合には、
     解約した当時の割引等級を、そのまま引き継いだ契約が可能となります。
     (※ 契約時の添付書類に中断証明書が必要です)
     (※ 一般的に、一定の期間は10年となっています)

     つまり!

     割引等級を保管(凍結)するための証明書なんですね〜 ^^

     この証明書があれば、
     海外赴任や長期出張など、一時的に自動車を使用しない場合でも、折角積み
     重ねてきた 「割引等級」を無駄にしなくてすみますね〜 ^^

     ちなみに・・・
     この 「中断証明書」を発行してもらうには、「廃車」や「譲渡」など、一定の理由
     による解約が必要で、また、それらの理由を証明する書類が必要となります。

      ※ 廃車の場合 ・・・
          登録識別情報等通知書、登録事項等証明書など(普通車)
          自動車検査証返納証明書、検査記録事項等証明書など(軽自動車)

      ※ 譲渡、売却の場合・・・
          売却先の買取り証明書など。


     
     この 「中断証明書」は、ほとんどの保険会社で有効な証明書です。

     例えば・・・
     解約当時の保険会社、及び中断証明書を発行したのが 「東京海上」で、新た
     に契約する保険会社が 「損保ジャパン」でも、
     当時、「東京海上」が発行した中断証明書は 「損保ジャパン」でも有効となり、
     「損保ジャパン」でも、「東京海上」時代に凍結しておいた割引等級を継承し、
     契約を締結する事が出来るのです ^^
     (※ 保険会社によっては、中断証明書を利用した新規契約を、一切受け付け
         ていない場合もあります
(等級の継承が出来ない))

     



自動車保険用語 大辞典へ戻る
HOMEへ戻る

  
Copyright(c) 自動車保険・任意保険の徹底比較 All Rights Reserved.