自動車保険・任意保険の徹底比較 (見積り・割引特約など)
 契約内容の
   見直しで安く!

 
 HOME > 契約内容の見直しで安く!
     

契約内容の見直しで安く!



 自動車保険を節約するための 「秘訣その1」は、
 自動車保険の根本的な契約内容の見直しから始まります。


  適正なリスク細分になっているか?

   年齢条件(年齢区分による割引制度)は適正か?
   運転者限定は適正か?

   ・・・など、
   リスク細分化による割引特約は、本当に自分に合った条件になっているのかどう
   かを探求してみましょう。

   ごくまれではありますが、
   割引制度を間違えて認識している方もいらっしゃいます。

   
   ご主人はゴールド免許だが、妻はブルー免許。
   このような場合、妻も運転するからといって、妻のブルー免許に合わせてゴールド
   免許割引の特約は付帯していない・・・ という事はありませんか?

   A. 今現在、ほとんどの保険会社では・・・、
      記名被保険者がゴールド免許であれば、ゴールド免許特約が付帯出来ます。
      もちろん、補償範囲に含まれるご家族の方がブルー免許でも、そのご家族の
      運転中の事故も補償されるのが一般的。

      間違って認識している知識のおかげで、
      本来は適用出来ているはずの 「割引特約」。
      見逃していませんか〜?

   
   ご家族の方が帰省された時に備え、県外で別居しているご家族の方の年齢に合
   わせて年齢条件を設定していませんか?
   また、まれに後輩が乗る事もあるので(業務を除く)、その後輩の年齢に合わせた
   年齢条件に設定していませんか?

   A. 保険会社によっては・・・、
      年齢条件の適用範囲を 「同居のご家族」に限定している保険会社も多く、
      年齢条件を設定していても、ご家族以外の友人や知人、又は別居中のご家
      族が運転している時の事故に限っては、運転者の年齢を問わず補償してくれ
      る場合もありますよ〜 ^^
      (※ 保険会社によっては、補償の適用条件が限定されたり、
          「臨時運転者特約」が別途必要な場合もあります)

      他社の自動車保険の知識が混同しているおかげで、
      本来は適用出来ているはずの 「割引特約」。
      見逃していませんか〜?

   ・・・と、このような事例が、ほんの一例です。

   現在は、保険自由化の時代。
   去年まで通用していた知識は、今年も通用するとは限りません。
   他の保険会社の特約条件は、ご自分の保険にも通用するとは限りません


   折角のリスク細分化による素晴らしい割引特約も、
   中途半端な知識や古い知識では、その特約が十二分に活かしきれません。

    保険は毎年見直す!

   ・・・という勢いで、
   毎年更新されるパンフレットには、必ず目を通しておきましょうね〜 ^^
   (※ 自動車保険は、毎年どこか必ず改訂されています。
       もし、代理店系の自動車保険に加入しているのであれば、去年と比べて
       変更のあった補償範囲や、新に追加された特約などを、契約更新(継続契
       約)の時に聞いておくのも良い方法だと思いますよ〜 ^^)

    特に!

   自動車販売店の営業マンに任せっきりの方や、
   毎年 「前年と同条件で継続して下さい」 ・・・と言うのが定番の方は、
   本当に要注意ですよ〜 \(^^
   (※ 中には・・・、
       10年前の知識を、今でも変わっていないと思っている方もチラホラ・・・)


   
   特約の内容や各補償範囲については、各保険会社、又は各自動車保険によって
   全く異なります


   上記例は あくまで 「凡例」です。
   全ての保険会社、又は自動車保険に通用する知識や情報ではありませんので、
   誤解されませんように、予めご理解と御了承のほど宜しくお願い致します。


  リスク細分化に合わせられないか?

   リスクの細分化に合わせる ・・・というよりも、
   ご自分の生活環境を変える事によって、保険のリスク細分化をもっと絞る事が出
   来ないか検討してみます。

   例えば、

   自家用車を 「通勤・通学」に使用しているのであれば、「日常レジャー」の使用条
   件に当てはまる範囲へ生活環境を変えてみるとか・・・
   (※ 週に数回は、自転車や公共交通機関を使ってみるとか)

   例えば、

   家族内で複数の車を所有している場合、
   家族がどの車に乗っても保険が使用できる条件にするのではなく、誰でも乗れる
   車を一台に絞り、他の車は運転者の限定条件を付けて保険料を安くするとか・・・。
   (※ ちなみに、家族が誰でも乗れる車は、比較的保険料の安い車にし、保険料
       が高い車に運転者限定を付帯するのが理想)


  時には保険をシャッフルしてみたり、合算してみたり・・・

   同居する家族間で、自動車保険をシャッフルするのも、場合によっては十分にアリ
   な自動車保険の節約方法です。

   「自動車販売店での業界裏話」編でも少々触れましたが・・・、
   同居の家族内で保険の譲渡や移行が可能な場合であれば、
   排気量の大きな車や事故料率の高い車種など、比較的 基本保険料の高い車種
   へ割引等級の進んだ保険を移行し、
   軽自動車など、比較的 基本保険料の安い車種へ、割引等級のあまり良くない保
   険を移行する事によって、大きな保険料の節約に繋がる場合も・・・ ^^

   (1万円の60%割引き + 10万円の10%割引きは 合計 16,000円のお得だが、
    10万円の60%割引き + 1万円の10%割引きは 合計 61,000円のお得。
    ・・・という方程式ですね ^^)

   また・・・、
   同じ記名被保険者の保険が3個以上ある場合には、
   この3個の保険を 1保険会社にまとめ、1保険証券のセット契約にすれば、「ノンフ
   リート多数割引」などの割引きが適用出来る場合もありますよ〜 \(^o^)ノ


  特殊な割引制度を狙ってみる

   特殊と言っても、そんなに大げさなものではありませんが、
   折角のインターネット環境があるわけですから、
   インターネット環境が活かせる割引制度は要チェック!ですよ〜 \(^-^

   (※ 例 ・・・ 「インターネット割引」、「保険証券省略の割引」など)


   
   保険会社によって、存在する割引制度と存在しない割引制度があります。
   また、特約や割引制度の名称が似通っていても、根本的な補償・条件内容が全く
   異なっていたり、適用条件が大きく異なる場合もあります。




           (自動車保険・任意保険の徹底比較)HOMEへ戻る

      
Copyright(c) 自動車保険・任意保険の徹底比較 All Rights Reserved.