料率(保険料率)
自動車保険・任意保険の徹底比較 (見積り・割引特約など)
 HOME > 自動車保険用語 大辞典 > 料率(保険料率)


料率(保険料率)


     その契約車両の保険料を決めるための、基準となる指数。
     いわゆるランク・クラス分け。 「料率クラス」とも言う。

     この 「料率」という指数は・・・、
     車両型式(車種別・グレード別)に、事故率や損害率といったものを統計・分
     析し、保険金の支払いリスクを数値化(クラス分け)したものであり、
     「料率」が高ければ高いほど 「保険金の支払いリスクが高い」という指標となり、
     料率の高い車種ほど保険料が高くなるように設定されている。

     また、この 「料率」に関しては、各保険会社によってデータの分析方法が異なる
     ため、全く同じ車種でも、保険会社によって料率が大きく異なる可能性もある。

     料率(保険料率)は、1〜9の数値で表されるのが一般的。
     (※ 数値が高いほど保険料が高い)

     随分昔までは、この料率は 「車両保険」にのみ使われていたが、
     現在の自動車保険では、対象となる保険(補償)項目毎(人身、対物、車両など
     ・・・)に料率が設定されている。

     



自動車保険用語 大辞典へ戻る
HOMEへ戻る

  
Copyright(c) 自動車保険・任意保険の徹底比較 All Rights Reserved.