複数所有新規契約、複数所有新規特則、セカンドカー割引
自動車保険・任意保険の徹底比較 (見積り・割引特約など)
 HOME > 自動車保険用語 大辞典 > 複数所有新規契約(セカンドカー割引)


複数所有新規契約(セカンドカー割引)


     今現在、ノンフリート契約の自動車保険へ加入されている方で、現契約で割引
     等級が11等級以上の方は・・・、

     新たな 2台目以降のお車へかけられる自動車保険は 「複数所有新規契約(セ
     カンドカー割引)」の対象となり、新たな 2台目以降の自動車保険(純新規契約)
     には、契約 1年目から7等級の割引等級が適用される割引制度。
     (※ 通常の純新規契約の 1年目は 6等級なので、割引等級がワンランク進
         んだ状態で、2台目以降の新規契約が出来る)

     例えば・・・

     自家用車を 1台増やし(増車)、自動車保険の追加が必要になった場合、
     今現在所有している自動車にかけられている、自動車保険の割引等級が 11
     等級以上であれば、
     今回 1台増やした自動車にかける自動車保険は、通常の新規契約よりも割引
     の効いた 「7等級」からの新規契約が可能 ・・・という事です ^^

     但し!

     この割引制度は、自動的に適用される制度ではありませんので、
     契約時にこちらから申し出るようにしましょう。
     (※ 保険会社から提案してくれる場合がほとんどですが・・・ ^^)


     
     この 「複数所有新規契約(セカンドカー割引)」の制度は、他社の等級情報を継
     承(共有)する事の出来る割引制度
です ^^

     例えば・・・

     今現在、「東京海上」で加入している自動車保険があり、その保険の現等級
     (割引等級)が15等級だとしたら、
     今回、増車によって新たに契約する保険会社が 「あいおい損保」でも、「複数
     所有新規契約(セカンドカー割引)」を適用した新規契約が可能・・・
     (※ 東京海上での割引等級の情報が、あいおい損保でも共有される)

     というわけなんですね〜 ^^


     
     「複数所有新規契約(セカンドカー割引)」の取り扱いに関しては、各保険会社
     によって大きく異なる場合もありますので 要注意!

     (※ インターネットからの申込では、適用不可の保険会社もあります)
     (※ 他社の割引等級を共有しない・共有できない保険会社もあります(1台目
         が他社契約の場合には、割引は適用出来ないという事))


     
     自動車保険の付帯特約、及び割引制度は、各保険会社によって補償内容・範
     囲、適用条件、名称等が異なりますので、上記へ掲載している情報に関しては、
     あくまで平均的な 「一例」としてご閲覧頂けます様お願い致します。
     また、保険会社によっては、上記例に該当する特約、又は割引制度の取り扱
     いがない場合もありますので、予めご理解頂いた上でご参照下さいませ。

     



自動車保険用語 大辞典へ戻る
HOMEへ戻る

  
Copyright(c) 自動車保険・任意保険の徹底比較 All Rights Reserved.