自動車保険・任意保険の徹底比較
ニュース&ブログ
関連人気記事
 ・ダイレクト系保険が絶対安いと信じ込まないで〜

 ・ダイレクト系保険が安い理由

 ・貴方の自動車保険、担当者の保険知識は大丈夫???

 ・弁護士費用特約の弱点・デメリット・欠点

 ・外車、輸入車の保険料って高いの?

 ・驚愕! スポーツカーの保険料試算

 ・対物賠償の限度額を超えてしまった場合

 ・保険の継続契約を拒否された!?
HOME > 自動車保険ブログ > ・・・
     

自動車保険ブログ


 クルマ業界 (クルマ屋さんです)管理人による、
自動車保険 (任意保険)に関する業界ネタ、業界ニュースや裏話、その他雑談など色々と・・・ な、自動車保険ブログです。


自動車保険の保険料は、排気量別のランク分けではない。

投稿・更新日 2009年12月14日
 最近、自動車保険の保険料の事でちょっと勘違いされている方も多いので、
(※ 軽自動車を除く)

 ちょっとばかしフォローを。

 それは、
自動車保険の保険料が 「排気量別のランク分けになっている」という、以前の保険料制度を未だ現在の保険料に当てはめている方。

 確かに、以前の保険料制度ならば、、、
〜1,500cc(A)、 1,500cc〜2,500cc(B)、 2,500cc〜(C)
という感じで、自動車の排気量別に3区分され、排気量の大きな自動車ほど保険料が高い・・・ という制度が採用されていました。
(※ 但し 車両保険は除いて)

 しかし! この制度は、、、 もうすでに一昔前の制度。
現在の自動車保険の知識に、これを当てはめている方は 「直ぐに忘れて下さい」。

 今現在の保険料制度は、、、

   「車種別料率制度

 といった、
統計による事故率や損害率を数値化し、自動車を個別に (車種別・グレード別に)リスク細分化したものが保険料制度の基本となっております。
【※ 参考までに・・・ ⇒ 料率制度とは?

 つまり、

 排気量がどんなに大きくても、事故率や損害率の低い車種・グレードは 保険料が安くて、排気量は小さくても、事故率や損害率の高い車種・グレードは〜 それ相応に保険料が高い。 と、まあ実に理にかなった制度になっている (保険料へ排気量は考慮せず、あくまで事故率などのリスクを主として考慮する制度)。 というわけ。

※ ちなみに、これら保険料の実際の算出方法 (保険料への反映方法・反映度など)につきましては、各保険会社毎でそれぞれ異なった方法・方式を用いており、またそれらは一切表向きには公表される事のない部分ですので、、、 ひょっとすると〜 ほんの僅かながら ”排気量” という要素が、これら保険料へ反映されている可能性は御座いますが、

ただ、もしそうであっても〜 以前の ”排気量別制度” を採っていた頃のように、明らか、かつ表向きな主要要素としては反映・考慮されている事はないでしょう)

 という事は!?

 今の時代、場合によっては〜
3,000ccクラスの大型セダンよりも、1,000ccクラスのコンパクトカーの方が、保険料が高くなる・・・ という事も、
(※ 実際、3,000ccのホンダのNSXというスポーツカーが、保険料の安い部類に入っている〜 なんて例も 【⇒ 自動車保険、保険料の安い車種例】)

 全く同じ3,000ccクラスの大型セダンでも、そもそも車種やグレードが異なれば〜 それでも保険料が異なる事もあるのです。

 また、そもそも昨今は、先述のとおり・・・
保険料は、各保険会社の運営方針やら都合、その他 色々なオリジナル要素などからも、その保険料へ反映される ”保険自由化” の時代であり、

 その各保険会社の自動車保険の持つ ”割引制度 (これら割引制度は、基本 各保険会社で全く異なります。 また年齢条件などのリスク細分化制度も含む)”、 その他 ”独自要素 (細かい部分での保険料算出方法とか企業の運営都合とかも)” によっても保険料が左右される時代 (制度)になっておりますので、

 という事は!?

 これまた今の時代、場合によっては〜
そもそも全く同じ3,000ccクラスの大型セダンで、かつ車種やグレードまで完全同一であっても、その自動車保険の保険会社自体からが異なると・・・

 それでも保険料が大きく異なることもあるのです。
【※ 例えば・・・ クラウンマジェスタの保険料比較の例が分かりやすいかも】


 保険料が自由化になってもう既に10年以上経過し、
保険の基本制度もどんどん変化しています。

 なので、

 排気量の小さい車は保険料が安くて、排気量の大きな車は保険料が高い ・・・という先代の常識は、もう既に過去のものとなっています。

 という事なので、
維持費などのトータルコストで自動車購入を検討されるなどの場合には、予め、自動車保険の見積りを視野に入れていた方がいいですね ^^

 また今の時代、排気量が大きいから・・・ といって、保険料が高くて悩んでいた方も、実はそうでないケースがほとんどであろうかと思われますので、もしそういったお悩みある場合には〜 その車の買い替えなどを検討される前に! 自動車保険の見直しなどを実施されてみるのもいいかもしれませんね ^^

 【管理人のおせっかい情報】 ------------------------------------------
    排気量が大きいから保険料が高い? と、そう思いこまれていた方!
   実はそれは〜 そもそもその保険会社との相性の問題かも???
   ⇒ 自動車保険の ”無料” 一括見積り比較の決定版!
   (※ 思い立ったら何とやら。 これも何かの良縁かも!?)

    また、排気量が小さいから・・・ といって侮っていて、
   イザ保険へ加入してみたらオッタマゲ〜 とならないように \(^-^)ノ
   ⇒ 自動車保険の保険料予測 ”保険料ナビ”
   (※ 私の運営管理する自動車情報ポータルサイトより)
 -------------------------------------------------------------------

 以上、各要所色々とご参考までに。




Copyright(c) 自動車保険・任意保険の徹底比較 All Rights Reserved.