車屋さんの保険情報ブログ
TOP PAGE > ブログTOP >

外車、輸入車の自動車保険って〜 保険料高いの?

 世間一般的には〜 意外と! 外車、輸入車の保険料は高い! と、そう思われている方が多いようですが、、、

 実際のところはどうなんでしょうか?

実際には、、

 実は〜

 保険料そのものの算定基準は、外車も国産車も基本的には同じですので、、

 輸入車だから! という理由だけでは高くなることはありません。

 つまり、保険料の算定基準となる指数の「料率 (⇒ 料率とは?)」はそもそも統一された基準で算出されておりますので、

 その当該車両は・・・ 特段に「統計で事故率が高い!」とか、損害を受けたときに特段に「修理費用のレバレートが高い」とか、盗難率が高いというのでなければ、、、

 まあ基本的に、そこまで保険料の違いはありません。

 という事は?

 同クラスの外車と国産車を比較したときに、

 その当該車両によっては〜 とある外車の方が安い! というケースだって多々ありますので、(⇒ その一例

 必ずしも〜 外車・輸入車の保険料は高い・・・ とは限らないのです ^^

高級外車

 但し!

 いわゆる「高級車」の部類に分けられる車種の「車両保険」に限っては!

 やはり〜 車両盗難率が高かったり、修理費用のレバレート工賃や部位部品が高額となるケースも多いので、車両保険算定に関る 「車両料率」もかなり高めに設定されていることも多く、、

 保険料もかなり高額になる傾向のようです ^^

 参考までに。

最終更新日 2011年03月02日

(C) 自動車保険・任意保険の徹底比較