自動車保険・任意保険の徹底比較
ニュース&ブログ
関連人気記事
 ・ダイレクト系保険が絶対安いと信じ込まないで〜

 ・ダイレクト系保険が安い理由

 ・貴方の自動車保険、担当者の保険知識は大丈夫???

 ・弁護士費用特約の弱点・デメリット・欠点

 ・外車、輸入車の保険料って高いの?

 ・驚愕! スポーツカーの保険料試算

 ・対物賠償の限度額を超えてしまった場合

 ・保険の継続契約を拒否された!?
HOME > 自動車保険ブログ > ・・・
     

自動車保険ブログ


 クルマ業界 (クルマ屋さんです)管理人による、
自動車保険 (任意保険)に関する業界ネタ、業界ニュースや裏話、その他雑談など色々と・・・ な、自動車保険ブログです。


台風被害と車両保険

投稿・更新日 2011年07月20日
 記録的な大雨をもたらしている〜 かなり大型な台風6号。
大きな被害が出ないように と、祈るばかりではありますが・・・

 ところで、

 台風が起因する〜 自然災害 (高潮・洪水・水没・飛来物など)による事故 (アクシデント)補償は、車両保険の補償範囲に含まれ、
(※ 限定Aなど、特約でカバーされている車両保険種が前提)

 しかも、その事故(アクシデント)補償は、
等級すえおき事故 として取り扱われる場合が〜 意外と一般的なのは、
(※ 特約のみを使う場合のみ)

 皆さんご存知でしょうか?

 【注意!!!】 2013年10月追記
 なお、これら等級すえおき事故の取扱いにつきましては〜 平成24年10月ごろから順次、代わって ”1等級ダウン事故” という新制度へと切り替わる予定となっており (主に主要保険会社にて)、

 もしそれらが1等級ダウン事故として取り扱われようケースでは、当ブログ記事にその参考性は一切御座いませんので、これらあくまで過去のアーカイブ的要素としてのご閲覧を願います。

 つまり・・・ 例えば、
台風による飛来物で〜 大切な愛車にキズが付いてしまった場合には、もちろん! 車両保険を使って、その損傷部位を補償修理する事が可能ですが、
(※ 但し、自然災害(限定A等)をカバーする車両保険を契約している場合に限る)

 こういった自然災害などによる被害の補償のみは、
(※ いわゆる車両保険の〜 「特約部分かばとたらこ)」のみを使う事故(アクシデント)補償)

 一般的に〜 「等級すえおき事故」としてカウントされますので、
(※ 台風による飛来物で傷ついた愛車を、車両保険を使って修理したとしても〜 翌年度の割引等級は 前年度と同じ等級をキープ出来る)

 もし、お持ちの契約中の自動車保険で、お心当たりある方は〜
これら小耳に 覚えておかれても損はないでしょう ^^
 関連事例 ⇒ 台風の飛来物で愛車が傷だらけに。。。

 ちなみに、けっこう〜 こういった事実をあまりご存知ではない方も多く、
「車両保険を使ったら割引等級がダウンするので、この程度のキズなら我慢しておこう」と、契約内容を誤認されている方も、意外とチラホラといらっしゃるようですから・・・

 以上、各ご参考までに m(_ _)m





Copyright(c) 自動車保険・任意保険の徹底比較 All Rights Reserved.