車屋さんの保険情報ブログ
TOP PAGE > ブログTOP >

等級制度が大幅改定。 事故有係数とは

 え〜 もう既にニュースなどで細々やっておりましたので、もうご存知の方も多いかもしれませんが、、

 この2012年10月1日より、国内大手の保険会社のほとんどにおきまして、等級制度などの大きな見直しと大きな改定などが御座いまして・・・

小言

 まあこの今回の改定。 はっきりと言いまして〜

 「事故っても、小さな事故には保険使うな」的ともとれる、とも言っているような・・・ 事故して保険使ったら、めちゃめちゃ保険料上げちゃいまっせ〜 みたいな。

 また中高年ドライバーの方々が多く居ようかと思われる中位〜上位等級層におきましては、、、 等級別の割引率が縮小され、

 その代わり〜 若年層ドライバーの多いと思われる下位等級層におきましては、めちゃめちゃ割引率がUPされ、

 ここのところ事故率の低い若年層を取り込む傾向にし、(ここ最近では高齢ドライバーの事故が多発しており、かなり問題化しておりますので)

 以上、これらトータルで考えてみると、

 事故の多い高齢者は徐々に・・・ もちろん、若い方でも事故の多い方は徐々に・・・ といった、何だか裏事情が見え隠れしているような。

 やっぱり保険会社にとっては、無事故な優良なドライバーの契約が一番欲しくて、(← 無事故でずっと保険料を払い続けてくれるので) 事故率の多い顧客はあまり欲しくないのが実情ですから。(← 保険保険料とは?】に対して、保険保険金とは?】の負担はかなりのものですから・・・)

 ただ、これら裏事情も考えたこの保険制度の改定は・・・

 確かに、今の現状を考えると〜 保険会社にとっては生き残りをかけた「改善」かもしれませんが、

 しかし年金暮らしを主体とするような、また事故率の多い高齢者の保険料負担を重くし、徐々に・・・ そして、まだまだ経済的にも・・・ かつ事故率の多い若年層の保険料負担を重くし、徐々に・・・ となると、(しかもよくよく考えれば、これからどんどん税負担も増えますし)

 考えようによっては、

 いわゆる「無保険車」ドライバーが増える可能性もあり、(一応自賠責保険などもあるかもしれませんが、ただ自賠責では物損は補償されませんし、また補償額も最低限の額ですし。。。)

 またこれら傾向が促進されてしまうと、若者のクルマ離れよりも・・・ もっともっと深刻な事となるのでは?

 あ、でも、保険会社が減っちゃうとそれどころでもないし・・・

 と、なると、やはり根本的な経済力の改善が必要なわけで、

 税負担を上げるよりも、(一定量からより多く深く絞るより)

 もっともっと改善すべき点はないものなのか。(量を増やし、広く浅く絞れば〜 また量が増える・・・ みたいな。 他)

 時代は大きく変わっているのに、国や自治体はあまり変わらず。 国等 自体が大きく変わらねば。 ・・・と、

 私、何の話してんだか。。。(クルマ屋さんとして、一事業主として、やはりこの辺には常に敏感なもので)

 一応念のため。。。

 以上、雑談程度までに m(_ _)m

最終更新日 2012年10月04日

(C) 自動車保険・任意保険の徹底比較